京都市 山科区 内科 がん 治療 ピロリ菌 胃潰瘍 十二指腸潰瘍 こおり内科医院 

HOME/山科区 内科 がん 治療

診療案内/山科区 内科 がん 治療
診察について
NBI内視鏡について
ピロリ菌の診断と治療

医院案内/山科区 内科 がん 治療
院長・スタッフ紹介
施設紹介
病診連携先の病院
医院概要・地図

スマートフォンサイトはこちら
スマートフォンサイトはこちら

こおり内科医院/山科区 内科 がん 治療
ピロリ菌の診断と治療/山科区 内科 がん 治療
    ピロリ菌の診断と治療

HOME > ピロリ菌の診断と治療

山科区 内科 がん 治療

 ピロリ菌(Helicobacer pylori)とは
 ピロリ菌(Helicobacer pylori)とは、胃内に感染・棲息する、ラセン状のグラム陰性桿菌です。
 この菌は、食品に含まれる尿素を分解して、胃粘膜に有害なアンモニアを産生し、
 胃粘膜表面に接着して、VacA毒素を粘膜細胞内に注入して粘膜障害を起こさせます。

 ピロリ菌が胃内にいると、慢性胃炎胃潰瘍十二指腸潰瘍の発生や再燃・再発の
 最大の要因となります。
 さらには、ピロリ菌が胃内に持続感染していると、絶えず胃粘膜内に炎症(胃炎)が生じることに
 なり、胃がんの引き金にもなると考えられています。

 ピロリ菌の診断
 ピロリ菌の存在診断は、胃内視鏡検査時の組織診、組織培養診や迅速ウレアーゼ試験でも可能
 ですが、最近では尿や糞便内のピロリ抗体測定でも可能になっています。
 しかし、除菌後の判定には、尿素呼気試験が最適と考えられています。

 ※尿素呼気試験とは
 早朝空腹時に、人体に無害なアイソトープCを含んだ尿素を服用して頂きます。
 その際、薬剤服用前と服用20分後の呼気を集め、アイソトープCの量を測定します。

 ピロリ菌が存在すると、尿素を分解するので、呼気にアイソトープCが出てくる仕掛けです。
 この診断法がもっとも信頼性があると考えられています。

 ピロリ菌の除去について
 ピロリ菌の除去をピロリ菌の除菌と言います。
 現在保険で認められている除菌対象は、胃潰瘍または十二
 指腸潰瘍、あるいはその瘢痕だけです。


 また、除菌も以下の内容に限られています。

  ●アモキシシリン(サワシリンなど)        1500mg
  ●クラリスなど                  400〜800mg
   または、メトロニダゾール(フラジールなど)    500mg
  ●PPI(タケプロン、パリエットなど)           2錠

   以上の3剤を、朝・夕2分割で、7日間投与。
ピロリ菌の除去について/山科区 内科 がん 治療

 この治療法の副作用として、下痢や味覚障害が数%に見られます。
 なお、除菌判定は、服薬終了後1ヶ月以上後に行う事になっています。

 ピロリ菌の感染経路と予防
 ピロリ菌が感染する経路としては、人から人への経口感染がほと
 んどで、母親から子供への感染が主な原因と考えられています。
 ご飯を食べさせる時、一度口に入れたものを子供に与えると、
 母親が持っているピロリ菌が子供へ感染する事があります。

 また、ゴキブリがピロリ菌を運んでいるという報告もあり、小さな
 子供がいる家庭では、台所をこまめに掃除する、ゴミを貯めない
 など、清潔に保ち、ゴキブリの発生の予防・駆除を心がけること
 が重要です。
ピロリ菌の感染経路と予防/山科区 内科 がん 治療

 現在は、下水道設備が普及するなど、衛生環境の向上により、ピロリ菌を持っている人は、減少
 していますが、未だ多くの人(特に中高年)が持っている菌なので、清潔な環境を保つことが大切
 です。

 当院は、ピロリ菌の診断や治療を専門に行っています。
 ご相談や診断をお考えの方は、お電話(075-581-5426)でお問い合わせ頂くか、
 診療時間内に、当院へご来院下さい。

  →< 診察時間はこちら >

このページのトップへ

こおり内科医院
   TEL 075-581-5426
   〒607-8414 京都府京都市山科区御陵中内町38-19

HOMEへ戻る
 
 診療案内【診察についてNBI内視鏡についてピロリ菌の診断と治療
 医院案内【院長・スタッフ紹介施設紹介病診連携先の病院医院概要・地図

京都市 山科区 内科 がん 治療 ピロリ菌 胃潰瘍 十二指腸潰瘍

COPYRIGHT(C)2007 こおり内科医院 ALL RIGHTS RESERVED.